アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
omodaka
ブログ紹介
http://sigetosikun.hatenadiary.jp

zoom RSS ブログ 新着記事

タイトル 日 時
バリアフリー改善計画
一年一回、自己負担500000以上補助金除く工事 固定資産税3/1減免 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/02/18 11:29
被災地の自治体への疑問
阪神淡路及び東北地方地震の自治体に物言いたい。 家の流された人が流されるまでに納めた税金、 主に固定資産税が各自治体の金庫の中に残っているはずでは と言う疑問がある。 合計すると気の遠くなる金額である。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/02/10 14:57
小野小町
花の色は うつりにけりな わが身よにふる  ながめせしまに   ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/01/03 13:08
追加
製造間接費¥10000を直接作業時間法により配賦しなさい。 直接作業時間¥100時間 直接作業時間の内訳製造指図書1:60時間 直接作業時間の内訳製造指図書2:30時間 直接作業時間の内訳製造指図書3:10時間 製造間接費の実際発生額が¥10000、実際操業度(実際の直接作業時間)が¥100時間です。 ¥10000÷100時間で、操業度1単位あたり(直接作業1時間あたり)の製造間接費を計算すると(実際配賦率) 実際配賦率=¥10000÷100時間=¥100 実際配賦率に、製造指図... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/07/24 15:04
第三課題
1.個別原価計算 注文を受けて、その注文通りに製品を作る時の原価計算のことである。 番号を振り、製品の種類や数や作り始めた日や完成予定日を記した製造指図書を作る。 原価計算表を作成し、原価計算を行う。 製造原価のうち、製造直接費は、はっきり分かっているので、そのまま集計する(賦課)。 他方、特定できない間接材料費や間接労務費や間接経費等は製造間接費勘定にまとめてから、かかった時間等に基づいて振り分ける(配賦)。 配賦した製造間接費を「製造間接費配賦額」という。 2.製造間接費の配賦... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/07/02 00:27
第二課題
[材料費] 材料費は「主要材料費」、「買入部品費」の二つは直接材料費に分類されるが、次なる「補助材料費」、「工場消耗品費」、「消耗工具器具備品費」これら三つは間接材料費として分類される。 尚、集計方法として次なる三通りについて考えられる。 1.材料を買ってきた場合 材料(資産)の増加としての購入原価=購入代価+材料副費として集計する。 尚、材料副費は、届く迄にかかる「内部材料副費」と、届いた後かかる「外部材料副費」に分類される。 2.製品を作るために材料を使った場合 材料費(材料の... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/05/28 11:20
原価計算入門
実例…ケース1について ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/04/25 10:34
原価計算入門
製造原価の分類 1*材料費…製品を作るのに材料を使った時 2*労務費…工員の給料 3*経費…上記以外 これらには、どの製品を作るのにかかったかはっきりわかる製造直接費が伴うし、逆に特定出来ない製造間接費も伴う。 原価計算期間 毎月の原価を計算し、かかりすぎていないか、もっと効率よく作れないか考察するため、会計末に貸借対照表や損益計算書を作る。 工業簿記の記帳 商業簿記では、商品を買って売るという流れを帳簿に記録するが、工業簿記では、製品を作るという部分も記帳に記録する。 勘定連... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/04/25 10:31
原価計算入門
商業簿記と工業簿記の違い 前者は、仕入れたものを商品として、そのまま売る[商品販売業]の簿記を扱うのに対し、後者は、仕入れたものを材料として製品を作って売る「製造業」の簿記を扱う。 製品を作るのにかかった金額を「原価」、原価を計算する事を「原価計算」 これらを知ることによって商品に値段をつけられる。 原価の分類 1*販売費…広告費や販売員の給料含む 製品販売にかかった金額。 2*一般管理費…管理部本社社員の給料含む 企業活動の管理にかかった金額。 3*製造原価…製品を作るの... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/04/25 10:28
山川Soloホームラン引き分け為三連勝続行中のまま3/6vs阪神戦楽しみだ
2015年3月4日 横浜DeNA 対 埼玉西武 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/03/04 16:39
− タイトルなし −
燕返し(つばめがえし)は、他家のリーチ宣言牌でロン和了することによって成立する役。1飜縛りには無効とするルール、門前役とするルール、追っ掛けリーチに対してのみ有効とするルールなど値段や取り扱いに揺れが見られる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/02/26 19:29
短歌その1
税金や!春毎取られ、四苦八苦。國のためなら、エンヤコリャ! ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/02/25 21:10
理想化
みんな、やりたい事をやれば良い! ただし、めいめいやり遂げるには、変貌せねばならない。 試行錯誤がつきものだから。 但し、何をするにしても、一方に遂行は出来ないものである。 対象を知らなければならない。 対象が生き物なら理解し、相互作用化が必須である。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/02/07 15:22
インプロビゼーション
5年01月02日Tweet 互いに認め合う関係築く ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/01/03 10:04
− タイトルなし −
このまま、資本主義、自由主義が手を拒んでいたら、破滅すること間違いない。 ただし、自由主義や資本主義の次に社会主義があるわけではない。 要するに、自由主義や資本主義を運営する時は、純粋に真面目にやれるか否かにかかっている。 運営した結果が良くなかったら、資本主義はまだ出来ていないといえそうだ。 社会主義にも同じことが言えそうだ。 一つのことを遂行するときは、あくまでも上から下への流れが相応しい。 何でも行えば完全なるものは存在しないものである。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/12/26 10:10
苦しみを克服する
「失語でも、苦にならないよ。身内でも」短歌を詠んでみた。 生まれてこの方、二十五になるまで言葉を喋ったことのない三つ違いの弟の事を詠じた。 「よくわかる、こまめに聞けば、出来るもの。」 苦になるものは後退りしたら終わりであり、絶えず前向きの姿勢が大事だ。 毎朝、母から新聞を貰うのが日課である。 そして、母が買い物に行くときは手を叩いて喜んでいる。 僕「なんだ?服に手をやってるよ。」 母「服濡れてるみたいよ」 僕「ほんとだ、着替えてほしいと言ってるみたいだね。」 母「今から買い物... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/12/25 20:00
悲しみに耐える
今年のプロ野球公式戦も終わった時の出来事である。 家族みんなで応援してきたライオンズがBクラス確定し,皆しょげかえっている時である。 父が 「まー、沈んでないで、一局皆で麻雀しようよ」 父の掛け声で皆の気持ちが楽になった。 更に対局中、比喩的に次なる言葉をかけてきた。 (麦踏み、って聞いた事なぁーい)(学校で習った気がするよ。やんちゃ坊主が好い気になっているあれだね。) (そうだね。)(それはそうとして) 「はじめは、自分で麦を踏んでおきながら、踏み倒されてしまう麦が可哀想な気が... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/12/18 11:46
民俗
民俗」とは何かと言った時、「言葉の民俗」と「身体の民俗」のふたつに分けられる。 それらは、集団で共有され、しかも自覚していないものである。 自分たちで編み出したり、外から取り入れたりと、 「昔からやってきたから必要なんだ」という認識のもとに行われていることである。 近代西洋の学問との対比で描かれた前近代的なものであり、 こういった伝統的なものは、遅れたものと考えられていた。 柳田国男は、それらをきちっと位置づけ、自分達の文化として体系化しなおした。 つまり、「民俗」とは、生活の... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/11/11 14:34
僕もお掃除一年生
ある日の親子散歩ー故郷回帰 隣町(田辺市)まで父と散歩しに行った時のことである。 父の小学校時代過ごした田辺市に行った。 「お爺さんが警察官だったので、この町では官舎住まいだったんだよ。「新屋敷、この辺だが大通りの道に変わってるよ。」「あそこに見える、公団はそのままだよ。」「公団の中に自転車でやって来た紙芝居屋さんを見によく行ったものだよ。」「付近は、田辺市役所や、紀南文化会館は田辺高校の校舎とグランドを撤去して出来たんだよ。」「その前の扇が濱は当時は松林がたくさんあり、風情があったけど駐... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/10/10 19:19
自然の中の自分
私は幼少時より現在迄自宅でほぼ毎日のように、父と裏山に立地している我が家の露天風呂に入ることを常としている。 入るときは、最終、要するにお客様が入り終わる頃なので真夜中の零時くらいである。 露天風呂は仕掛けから仕舞いまで父の仕事となっているからである。 お湯に浸かりながら万両等の花を眺められるし、時には蟹が出てきて目の保養もさせてくれる。 家の前が海辺なので、露天風呂からも海を望むことができる。 私達はなんて果報ものであることがわかる。 偉大なる自然を毎日のように感じ取っている。 ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/08/03 15:46

続きを見る

トップへ

月別リンク

omodaka/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる